top of page

​◇追加土壌調査の結果

②ブロックの表土検査の結果より、一部基準に不適合な項目を確認したため、追加土壌調査を行いました。

追加土壌調査の結果、不適合エリアの平面範囲及び深さ範囲を確認しました。

[調査方法]

■平面絞り込み調査

 ②-1、②-6にて原則10m×10mに区分けし、深さ方向GL(地盤の高さ)-30cmの土砂を対象に土壌調査を実施した

 結果以下の図の黄色部分にて基準値の超過が確認されました。

②-1平面.jpg

②-1平面絞り込み調査による鉛基準値超過箇所

②-6平面.jpg

②-6平面絞り込み調査による鉛基準値超過箇所

■断面絞り込み調査

 平面絞り込み調査により基準値が超過した区分け部分は、GL-1.0mから1mごとの試料を採取し、連

 続した2深度で基準適合(例:1mごとに採取をするため、GL-1.0とGL-2.0の連続した採取箇所で基

 準を適合)を確認するまで土壌調査を実施した結果、以下の図のような基準値の超過を確認しました。

②-1断面絞り込み調査による鉛基準値超過箇所

②-6断面絞り込み調査による鉛基準値超過箇所

[今後の方針]

■基準値超過土の除去について

 鉛の基準値超過土については、土壌汚染対策法に基づく汚染土壌処理施設へ運搬し処分します。

■②ブロックの評価

 ②-1  絞り込み調査~基準値超過土除去により鉛基準値超過無し

 ②-2  調査未実施

 ②-3  表土調査により鉛基準値超過無し

 ②-4  調査未実施

 ②-5  表土調査により鉛基準値超過無し

 ②-6  絞り込み調査~基準値超過土除去により鉛基準値超過無し

 ②-7  調査未実施

 となるため②-2、②-4、②-7については②-3、②-5同様の「船橋市土砂等の埋立て等による土壌の汚

 染及び災害の発生の防止に関する条例」に準じた表土調査を行い、鉛基準値が超過しなかった場合は②

 ブロックの調査を完了します。

 基準値超過が確認された場合は②-1、②-6と同様に追加調査を行い平面及び断面方向の基準不適合範 

 囲を特定したうえで基準値超過土の除去を行います。

​ 詳細は土壌調査結果報告書をご覧ください。

bottom of page